2016年11月21日

マネジメント[エッセンシャル版](ピーター・F・ドラッカー)

企業マネジメントの古典ですね。
お勉強のために読んでみました。
「もしドラ」みたいに、日常生活にも活かせるものがあるってところまで読み込むのは、難しい内容だと思うのですが、読んでおいて損はない一冊ですね。

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則




目次
1 マネジメントの使命(企業の成果
公的機関の成果
仕事と人間
社会的責任)
2 マネジメントの方法(マネジャー
マネジメントの技能
マネジメントの組織)
3 マネジメントの戦略(トップマネジメント
マネジメントの戦略
マネジメントのパラダイムが変わった)


印象に残った個所を引用
P147
@強みよりも弱みに目を向ける者をマネジャーに任命してはならない。できないことに気づいても、できることに目のいかない者は、やがて組織の精神を低下させる。
A何が正しいかよりも、誰が正しいかに関心を持つ者をマネジャーに任命してはならない。仕事よりも人を重視することは、一種の堕落であり、やがては組織全体を堕落させる。
B真摯さよりも、頭のよさを重視する者をマネジャーに任命してはならない。そのような者は人として未熟であって、しかもその未熟さは通常なおらない。
C部下に脅威を感じる者を昇進させてはならない。そのような者は人間として弱い。
D自らの仕事に高い基準を設定しない者もマネジャーに任命してはならない。そのような者をマネジャーにすることは、やがてマネジメントと仕事に対するあなどりを生む。
知識もさしてなく、仕事ぶりもお粗末であって判断力や行動力が欠如していても、マネジャーとして無害なことがある。しかし、いかに知識があり、聡明であって上手に仕事をこなしても、真摯さに欠けていては組織を破壊する。組織にとってもっとも重要な資源である人間を破壊する。組織の精神を損ない、業績を低下させる。


P153
意見の相違を重視する
ある案だけが正しく、その他の案はすべてまちがっていると考えてはならない。自分は正しく他の人はまちがっていると考えてもならない。
なぜ他の者は意見が違うのかを明らかにすることからスタートしなければならない。明らかにまちがった結論に達している者がいても、それは、何か自分と違う現実を見、自分と違う問題に関心を持っているからに違いないと考えなければならない。


P160
キリストさえ、迫害者サウロを使徒パウロとするには、サウロをひとたび盲目にする必要があった。受け手の心を転向させることを目的とするコミュニケーションは、受け手に全面降伏を要求する。


P194
必要な階層の数については、西欧社会における最古にして最大のもっとも成功している組織、カトリック教会が参考になる。ローマ法王と最下層の教会司祭の間には、権限と責任に関わる階層は、ただ一つ存在するだけである。司教である。


P276
社会的な目的を達成するための手段としての組織の発明は、人類の歴史にとって一万年前の労働の分化に匹敵する重要さを持つ。組織の基礎となる原理は、「私的な悪徳は社会のためになる」ではない。「個人の強みは社会のためになる」である。これがマネジメントの正統性の根拠である。そして、マネジメントの権限の基礎となりうる理念的原理である。


P292
今日の基本的な資源は情報である。それは他の資源と異なり、稀少性の原理には従わない。潤沢性の原理に従う。本は売れば手元からなくなる。情報は売っても残る。むしろ大勢が持つほど価値が上がる。このことの意味は、経済理論そのものの再構築を必要とするほどに大きい。マネジメントのあり方にとっても重大な意味を持つ。
情報は特定の産業や企業が独占しうるものではない。情報の使い道は一つではない。使い道のほうも、特定の情報にこだわることはない。依存しきることはない。
もはや特定の産業だけのための知識などというものはなく、あらゆる知識が、あらゆる産業にとって重要であり、重大な関りを持つことを前提としなければならない。またいかなる財やサービスといえども使い道は一つではなく、逆にいかなる使い道も、いかなる財やサービスに縛られるものではないことを前提としなければならない。
これらの意味するところは大きい。
それは第一に、企業、大学、教会、病院のいずれにせよ、顧客でない人たち(ノンカスタマー)が、顧客以上に重要になったことを意味する。


P293
基盤とすべきは顧客にとっての価値であり、支出配分における顧客の意思決定である。経営戦略は、そこからスタートしなければならない。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

<blog内関連記事>
To Be Freedom@読書三昧: もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/144970933.html
To Be Freedom@読書三昧: イノベーションと企業家精神。 http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/179795523.html
To Be Freedom@読書三昧: NPOの実践経営学。 http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/160939804.html

posted by わけい at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーシーの薬物リハビリ日記(田代 まさし)

薬物依存症という病気を経験者が分かりやすく解説したコミックエッセイ。ただし、マンガそのものは、ご本人によるものではありません。
真面目な人ほど、薬物にハマる。。怖ろしいことです。

マーシーの薬物リハビリ日記




目次
第1章 人気絶頂から地獄の「転落人生」へ(リハビリへの第一歩―薬物依存症の回復施設に入所
ダルクでの生活―「薬物依存症」の仲間との支え合い
はじめての覚醒剤―鈴木雅之と出会ってデビューへ ほか)
第2章 世にも奇妙な!?「刑務所」の日々(警察に逮捕―留置場・拘置所の生活
ついに刑務所へ―3年6カ月の懲役刑が確定
刑務所の変!?な規則―刑務所には「4(よん)」はない? ほか)
第3章 「薬物依存症」のマーシーです!リハビリの日々(ダルクに入所―本当に薬物をやめられるのか?
「薬物依存症」という病気―ダルクでのリハビリ
仲間同士での支え合い―元ヤクザ・Tさんとの再会 ほか)

印象に残った個所を引用
P7
病気だから強い意志や根性があったってどうにもならないんですよ

一度でも薬物を使用してしまうと「薬物依存症」という病気にかかってしまい
やめるためには一生「薬物をやめ続ける」という努力をしなければならないんです

最近は若者が気軽に「危険ドラッグ」に手を出して問題になっていますが「最初の1回」をやっちゃったらおしまいなんですよ!

「お前がいうなよ」と思う人もいるでしょうが
薬物のせいで仕事も家族も失い2回も刑務所に入って地獄を見てきたオレだからこそ伝えられることがあると思うんですよね
「田代のダメさを笑ってやろう」くらいの面白半分でもいいから読んでもらえたら嬉しいです


P47
覚醒剤が切れると
「ヤク…ヤクをくれー!」
「む……虫が!虫がー!」
こんな感じになっちゃうと思われているかもしれませんが
実は覚醒剤って禁断症状はほとんどないのでよっぽどの中毒者じゃない限りこんなことにはならないと思います

その辺オレも勘違いしていて
「別に禁断症状なんて出ないもんなぁ」
「オレって覚醒剤を使っても中毒にならない体質なんじゃないかなぁ?」
なんて思っていましたからね

それじゃ なぜ
禁断症状がないのに覚醒剤を使い続けてしまうのかというと……
覚醒剤を使うと脳が覚醒して
寝なくても疲れない
何も食べなくてもお腹が空かない……という状態に

もう何でも出来るような気分になって
スーパーマンになったような感覚なんですよね

でも覚醒剤が抜けてくるとその反動でメチャクチャ眠いし疲れるしお腹空くし……
それで最後には電池が切れたようにコテッと寝ちゃうんですけど
目が覚めた時の気分は最悪!
頭は痛いし身体はだるいし頭は回転しないし……

覚醒剤のおかげで仕事がバリバリできた……なんて思っているから
「あーシャブをキメてシャッキリしなきゃ……」
「こんなんじゃ仕事できないよ」

トリップするためじゃなく
ちゃんとするために覚醒剤を使っちゃう
真面目な人ほど覚醒剤にハマリやすいなんていわれるのは
こういうことなんですよね


P67
オレは
「自分の意志の力で絶対にやめられる!」
……って考えてましたよね

だって薬物のせいで仕事もお金も家族も失って
刑務所にまで入ってつらい思いをして……

これで懲りないヤツはバカでしょ!?
目の前にあってももう絶対やりたくないよ!
……と思ってたんですけど
「みなさんにお約束します!もー絶対に覚醒剤には手を出しません!」
それでもやめられないくらい薬物って怖ろしいものなんですよね


P120
「こんな話を毎日聞いてたら逆に覚醒剤をやりたくなっちゃうんじゃないですか?」
「お前覚醒剤をやめるために一生懸命忘れようとしてるでしょ?」
「そりゃそうですよ!」
「いや、覚醒剤の気持ちよさは一生忘れられないから。だってすんごく気持ちよかったろ?スカーッとして」
「そ……そうですけど で……でもその気持ちよかった思い出を忘れなきゃ、覚醒剤をやめることなんてできないんじゃないですか!?」
「人は喜びや快感を感じる時に『ドーパミン』っていう脳内物質をだしているんだけど、ものすごく美味しい料理を食べた時に出るドーパミンが30、気持ちいいセックスが100だとしたら、覚醒剤を使った時にはドーパミンが1000以上も出てるといわれてるんだよ、そんなに気持ちいいんだもん、忘れるのなんて無理だよ!」

しかも通常だったら「快感」の信号を伝え終わったドーパミンは元の場所に回収されるんだけど
覚醒剤などの薬物はその回収も妨害するからドーパミンが出っぱなし!

「そしてドーパミンの快感って生きていく上で大事な色んなことの重要性すらも忘れさせてしまうくらい強力なものだから、大量のドーパミンが出続けていると、生命を守るために身体はドーパミンの受容体を不活性化してしまうんだ、つまり同じ量のドーパミンが出ていても、もう同じような快感を得られなくなっちゃうの」

だから最初に使った時の強烈な快感を求めて繰り返し薬物を使うんだけど、もう二度と同じような快感を得ることはできない
仕方ないからどんどん量が増えていって、やがて自分じゃコントロールが効かなくなってしまう……
これが薬物依存症の正体だよね

アルコール依存症やセックス依存症なんかも同じようにドーパミンが関係しているんだけど、薬物依存症はそれのパワーアップ版みたいなもんだよ

「だから自分の意志で薬物をやめられるなんて考えない方がいいよ。無理だから。WHOや厚生省だって『薬物依存症は薬物使用をやめたくてもやめられない病気だ』って認めているくらいだからね」
「じゃあどうしたらいいんですか!」

「やっぱり、自分は薬物依存症という病気だってちゃんと認めて、どういう時にやりたくなるのか、その時はどうやって対処すればいいのか……という病気のメカニズムをちゃんと学ばなきゃダメだよね。薬物依存症の人にとって、一番の敵は孤独なんだよ。最初は快感のためや遊び半分で使いはじめたとしても、何度も繰り返しちゃう人っていうのは、結局、孤独や苦しみから逃れるために薬物を使っているケースが多いんだよね」
「確かに……」
「自分ひとりの意志だけで薬物をやめるのはすごく難しいし、誰かから強制的にやめさせられても意味がない。だから一緒にがんばっている仲間たちと苦しみを分かち合って、お互いに支え合い、一緒に歩みながらやめ続けるというのが一番だと思うんだよね」


P125
「そして『JUST FOR TODAY』。10年20年とやめ続けることを考えて悩むより、とりあえず今日一日をしっかり生きていこうってことだよ。オレだって、34年やめてるけど、いつまた使っちゃうか分からないもんね。気持ちよかったもんなぁ〜」
「ダルクの代表がそんなこといっていいんですか……?」
「だって、薬物を使ったこともなくて気持ちよさを知らないヤツに『やめろ』っていわれても説得力ないだろ?気持ちよさを知っているヤツがそれでもやめているというい姿を見せるのが一番説得力あるんじゃないかな」


P143
人生って、辛いことや苦しみを忘れることが重要なのではなくて、起きてしまったことを受け止めて、それでも前を向いて歩いて行くことが重要なんですよね。
犯してしまった罪や過去を消すことは出来ないけれど、「これが幸せだ」という価値観さえ変えていくことが出来れば、きっと未来は変えられると信じています。

これからの僕を応援して下さい。
……とはいいません。

これからも、みなさんから応援してもらえるような人間になれるよう、努力を怠らない人生を送っていくことを約束します!
田代まさし

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by わけい at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒトと生き物 ひとつながりのいのち 旭山動物園からのメッセージ(日本図書館協会選定図書) (坂東 元)

日本一の来園者数を誇る、旭山動物園の園長さんによるエッセイ。

ヒトと生き物 ひとつながりのいのち 旭山動物園からのメッセージ(日本図書館協会選定図書)




目次
はじめに


【旭山動物園の動物たち1】

■「生きていること」の本質――2007
生き物に飽きる′サ代社会
「鳥インフルエンザ」は人間が生み出した!?
弱いものがいのちを引き継ぐ?
「ダメなものはダメ」のけじめ
「生きていること」の本質
エキノコックス騒動が示したもの
「ナカちゃん」は、なぜ死んだ?
母性のスイッチ≠ェ入るとき
キリギリス捕りにも温暖化の影響!?
「連鎖の輪を断ち切る」という罪
けがの仕方を遊びから学ぶ
人間の干渉のさじ加減

■オランウータンの森が消えていく――2008
レッサーパンダのバランス感覚
オランウータンの森が消えていく
お袋の味≠ェいのちを守る
子別れのタイミング
剥製ではなく、いのちを見せたい
檻越しの共存≠ニいうルール
「オオカミの森」のメッセージ
ペンギンたちの過酷な夏
人間は自然のなかにいない
未来へいのちを引き継ぐ動物園
キリンの「ゲンキ」、初めての越冬
すべてのいのちは循環している

■いのちは必ず死で終わる――2009
自然遺産、みんなで守る仕組みを
オオカミとして生きた「クリス」
氷や雪を頼りに生きるいのち
オランウータン「モモ」の死
いのちは必ず死で終わる
眠っている能力を目覚めさせる
電気柵でエゾシカの道≠確保
想定超えたテナガザルの大ジャンプ
受け継がれた「ザブコ」のいのち
本当のエコ、見極める目を


【旭山動物園の動物たち2】

■エゾシカのいのちの価値は…――2010
動物の目≠ノ映る人類
ホッキョクグマ、新たな血統誕生へ
絶滅危惧種を守るとは…
動物のいのちから授かる力
口蹄疫が問いかけるもの
「今どきの若者は…」と言う前に
野生動物への「恩返しプロジェクト」
ペンギンの幼稚園
絶滅危惧種はヒトの暮らしの鏡
生物保全と遺伝資源
エゾシカのいのちの価値は…

■ヒトだけでは生きられない――2011
生き物との距離感を考える
ホッキョクグマの大移動
本当に必要なものは何か?
ヒグマの「トンコ」が母親に
オオカミはペアで子育て
夏のドキドキいつまでも
ヒトだけでは生きられない
風土に合わせた暮らし方を

■地球は一つのいのち――2012→2014
カバの「ゴン」、四十四年の重み
距離感ゼロ!? レッサーパンダの「栃」
フラミンゴ脱走の波紋 その一
フラミンゴ脱走の波紋 その二
エゾシカ「治夫」の死に思う
つながってこそ、いのち輝く
昆虫食が人類を救う!?
タンチョウのヒナを傷つけた犯人
地球は一つのいのち

あとがき



印象に残った個所を引用
P28
生き物が繁栄することができるのは、「強いものが生き残ってきたから」と考えがちです。強いものは、その環境のなかで、一番エサを確保しやすい場所を縄張りにします。しかし、環境が変化したら……。強いものは、最後の獲物がいなくなるまで、その場に執着して死んでいくでしょう。


P64
「飼育する」ことは、動物たちの生活への干渉を伴います。僕たちはできるだけ、その影響を小さくすること、陰のような存在になることを目指しています。


P94
ヒトの生き方は、それ以外の生き物から見れば、あまりにも異質です。たとえば、ハエを殺して棄ててしまうのは人間だけです。庭の花についているアブラムシを殺虫剤で殺してしまうのも人間だけです。それらのいのちは、自然のなかに全く還元されません。
このことに罪悪感を持つ人は、ほとんどいないでしょう。でも、すべてのいのちが循環することが、自然の摂理に沿って生きるということなのです。
ハエは、スズメの子育てに欠かせない大切な食料です。無数の死があるからこそ、たくさんのいのちが育まれるのです。意味のないいのちや、無駄ないのちは一つもありません。


P98
動物園の動物たちは、決して広いとはいえない環境で一生を過ごします。たとえ、僕たち飼育係が何もしなくても、動物は文句を言いません。与えられた環境で、生きられるだけ生きて、一生を終えるのです。
僕たちは、その動物らしい一生を全うさせるために何ができるのかを、常に考え続けています。それが、飼育下にある動物たちのいのちに対する責任だと思うからです。


P104
「自然を守る」という言葉には、「自分たちは自然のなかにいない」という意識が見え隠れしているように感じます。私たち人間も、自然のなかに生きているのです。同じ空気を吸い、同じ太陽の光を浴びているのです。


P106
エゾオオカミを絶滅させたのも、エゾシカの増加による農林業の食害問題などに頭を悩ませているのも、私たち人間です。また、エゾシカを、自らの生活の場である森さえも破壊してしまう”モンスター”に化けさせたのも、人間に原因があるのです。


P180
当園では”害獣”と呼ばれるエゾシカやカラスも展示しています。絶滅危惧種を守るということは、その生態系の頂点にはない”普通の生き物”も同時に守ることなのです。
自然界では、食物連鎖という形でいのちが循環しています。
「守るべきものは何なのか?」
「自然と共に生きるとは、どういいうことなのか?」
決して、絶滅危惧種だから価値があるわけではありません。皆、等しく素晴らしい存在であり、その価値に差はないのです。そもそも、害獣という捉え方自体、人間がつくり出した観念です。問題の根本は、すべて私たちの生き方、価値の定め方にあるのです。


P204
動物たちは、どんなに追い込まれても、決して人を排除しようとはしません。彼らはヒトと距離を保とうとして、身を引くのです。そして、引く場がなくなり畑へ出てしまうと”害獣”として扱われてしまうのです。


P230
「節電、節電」と叫ばれるなか、熱中症が心配だとか、仕事の効率が下がるとか、マイナス要素ばかりが取り上げられているように感じます。
「今年は”節電の夏を楽しむ年”にしましょう!」くらいの、前向きな発想があっていいのではないかと考えてしまいます。
夏を克服ではなく、”夏とともに”です。


P251
野生種の動物は、他種との物理的な距離、心理的な距離を絶妙なバランスで保っています。
「他種を信頼することはないけれど、存在は認め合う」
食べる、食べられるという関係にある種同士が、空間を共有できる素晴らしい能力です。


P280
動物は、自分の暮す環境が次代に託せるものであると判断しないと、繁殖してくれません。僕たちは、狭いながらも、その動物らしく暮せるようにと工夫し続けています。動物が繁殖して子育てをしてくれること。それは、その環境を認めてくれた証しです。ですから、ぼくたちは飼育動物の繁殖を目指すのです。そのことが、来園者に生き生きと輝くいのちを感じてもらうことにつながります。


P282
地球といういのちのなかに生きる僕たちは、地球が病んでいては幸せにはなれません。地球で暮らすことに幸せを感じる感性、そのことを豊かに感じる心、すべてのいのちがつながっていることを大切にする気持ち--そんな心のありように気づき、育める動物園にしていきたいと思います。地球の健康と、私たち人間の幸せに貢献できるような動物園のあり方を、これからも模索していきます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by わけい at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。