2010年03月28日

愛を読む人

間違って読んだ。
アメリカで暮らす敬虔なユダヤ人家庭に生まれ、その環境に不満を持ちながら、宗教上の戒律で禁止されている、異教徒の一般小説(アメリカの普通の小説)にのめる少女の話。

愛を読む人
設定は悪くないはずなのに、気持ちが全く分からない。
少しでも「喜び」を見つけられれば、一瞬で幸せになれる、具体的な行動が起こせる環境にあるはずなのに、不満や愚痴を続けて生きていくだけの話。

posted by わけい at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144868193

この記事へのトラックバック