2010年05月25日

破天。

インド不可触民についての本を読んでから、どっぷりはまっておりますな。
佐々井秀嶺という一人の仏教僧の伝記。

破天 (光文社新書)
もとを辿れば、悩みの多い普通の男ですが、すさまじいです。
この人が、そしてその活動が、もっと広く知られて欲しいと思う。
自分を振り返って、ほんの小さなことで良いから、人のために尽くしたい、そうしなければならないと思いました。
<blog内関連記事>
不可触民―もうひとつのインド
不可触民の道

posted by わけい at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック