2011年07月02日

ママへのちょっと早めのラブレター

ドラマ「生まれる。」で登場した絵本。
ドラマで登場した際には架空でしたが、ドラマ終了時に発売されました。



ママへのちょっと早めのラブレター

今日はお腹の中からママへ早めのラブレターを書きます。
ちょっと早いけど僕はママのことを愛しています。
なぜならママが僕のことをたくさん愛してくれそうだからです。
だから僕も愛してます。だから僕はママのところに来たんです。
僕はママに会えるのを楽しみにしています。
もし万が一、会う前にお別れしちゃったとしたら
それは僕がママを幸せにできる自信がないからです。
そのときはもう一回ママを幸せにできるようになってママのところに来るね。
もしこのままママに会うことができたらママを全力で愛すよ。
ママはもしかしたら僕にあったらガッカリすることもあるかもしれない。
他の友達よりもかっこ悪かったり
いろんなことがゆっくりだったりするかもしれない。
だけど僕は僕なりに頑張ってみる。
ママを幸せにできるように頑張ってみる。
たまにママは寂しそうだよ。辛そうだよ。
だからママのところに行くね。
ママ、ちょっと早いけど好きだよ。愛してる。
ママ、ちょっと早いけどずっと好きだよ。
ずっとずっと愛してる。
ドラマ「生まれる」で 産婦人科の先生が書いたと言われる「ママへのちょっとはや... – とれまが知恵袋

ドラマですごく感動したので、妻へのプレゼントとして購入しました。
妻は私に向かって読み聞かせをしようとしてくれましたが、3ページ目くらいから涙を流し、言葉が出なくなってしまいました。
2人で一緒に読んで、一緒に涙を流した絵本です。
正直、こんなに泣いている妻を見たのは初めてでした。
ホントにプレゼントして良かったなぁと思います。
ただこれは、私からのプレゼントではなく、子どもからのプレゼントを私の名義で贈ったのです。
私は、「ママへのちょっと早めのラブレター」を届ける配達人。そうなれただけで、十二分に幸せです☆

<To Be Freedom@読書三昧blog内関連記事>
To Be Freedom@読書三昧: パパとママをえらんで、ボクはうまれてきたんだよ。
To Be Freedom@読書三昧: あかちゃんからのラブレター
To Be Freedom@読書三昧: ごめんね、ありがとう。 〜産まれることができなかった赤ちゃんから届いたメッセージ〜
To Be Freedom@読書三昧: 茗荷村見聞記
To Be Freedom@読書三昧: ことば育ちは心育て―ダウン症児のことばを拓く
To Be Freedom@読書三昧: 「走り来れよ、吾娘よ」
To Be Freedom@読書三昧: 観点変更〜なぜ、アトリエインカーブは生まれたか〜
To Be Freedom@読書三昧: 命と存在を支え合う――相楽福祉会の理念と実践
To Be Freedom@読書三昧: 「この子らを世の光に」
To Be Freedom@読書三昧: 賢愚和楽(みんなおなじ一つのいのち)―田村一二の世界
To Be Freedom@読書三昧: 奇跡は起こせる わが子を救うため、新薬開発に挑戦したビジネスマン
To Be Freedom@読書三昧: 障害役者 ~ 走れなくても、セリフを忘れても ~
To Be Freedom@読書三昧: お母さんのための児童精神医学―子どものこころの脳科学
To Be Freedom@読書三昧: 発達障害がある人の就労相談
To Be Freedom@読書三昧: 「片づけられない女たち」

<参考リンク>
ドラマ「生まれる」で 産婦人科の先生が書いたと言われる「ママへのちょっとはや... – とれまが知恵袋
どん麺のひとりごと : ママへのちょっと早めのラブレター  〜ドラマ「生まれる。」より〜
【ママへのちょっと早めのラブレター】 - 個性あふれる子供達
絵本『ママへのちょっと早めのラブレター 』☆ - SERENDIPITY
生まれる 絵本 ママへのちょっと早めのラブレター:SO COOL:So-netブログ
どん麺のひとりごと : 祝・出版『ママへのちょっと早めのラブレター』  〜なんとかなるの神様が降りてきたぁ〜
生まれる ドラマ ママへのちょっと早めのラブレター 絵本
http://blog.so-net.ne.jp/koreari/2011-06-23-7/trackback



posted by わけい at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック