2014年11月08日

質問です。(名越康文)

メディアで活躍されている精神科医・名越康文さんの本。
素朴な質問を自問してみることで、自分自身が見えてくるかもしれません。

素朴な質問ほど、考えるのが難しいもの。そういった意味で、情報量としては少なめですが読むのには、時間も根気も必要と言える、読み応えのある本だと思います。






印象に残った箇所を引用。

003
人は何のために働くのだと思いますか?

考えるヒント
!目的を持って働いていますか?
働く目的を持つことはモチベーションを保つために必要なこと。大海原を漂うよりも、どこかに向かっていると思うほうが気持ちがラクになるかもしれません。

!宝くじが当たったら働くのをやめますか?
一生働かずに暮らしていける大金を手にした時、仕事を続けるかどうか考えることで、自分がどのぐらいお金のために働いているかがわかるでしょう。

!働いていて、どんな時に喜びを感じますか?
動機が見つからない時には、どんな時に喜びを感じるか考えてみる手も。「チームで何かを成し遂げた時」などいろんな答えが見えてきます。



007
一番心の落ちつく空想は何ですか?

考えるヒント
!空想は得意ですか?
ほとんどの人は空想を始めてもすぐに気が散ってしまうもの。この機会に空想を持続させる方法を本などで学習してみましょう。

!落ちつく場所はどこですか?
海や山、カフェなど気持ちが落ちつく場所があるようであれば、それを思い浮かべてみるのも1つの手。できるだけ具体的にイメージしましょう。

!頭の切り替えは上手なほうですか?
頭の中にネガティブな妄想が広がってきたら、楽しい空想に頭を切り替えましょう。何度も繰り返すうちに次第にコツがつかめてくるはず。


025
1日が23時間になったら何を削りますか?

考えるヒント
!ギリギリ何時間まで削れると思いますか?
削れる時間=自分が無駄だと思っている時間。どうすれば実際にその無駄を減らすことができるのか、その方法を考えてみましょう。

!削ってはいけない時間は?
健康や人間関係を持続する上で、絶対に削ってはいけない時間も。忙しい時などにうっかり削ってないか見直してみましょう。

!1日24時間。長いですか? 短いですか?
楽しい時間はあっという間にすぎるもの。24時間を長いと感じる人は、時が経つのを忘れるほど夢中になれるものを探してみましょう。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by わけい at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック