2016年06月12日

職場をしあわせにするウブントゥ――アフリカの知恵がもたらす、信頼と感謝のチームワーキング(スティーヴン・C・ランディン (著), ボブ・ネルソン (著), 酒井 泰介 (翻訳))

数有るデスクトップLinuxの中でも、最も人気の高いubuntuについて調べる中で出会った一冊。
OSのubuntuの名称由来となった、アフリカの言葉を、ビジネスの現場を舞台に、小説風に解説している本です。
東洋哲学にも通じる、「助け合いの精神」ですね。

職場をしあわせにするウブントゥ――アフリカの知恵がもたらす、信頼と感謝のチームワーキング




目次
パート1 部下がついてこない……
パート2 アフリカで出会った、奇跡の智恵
パート3 ウブントゥを職場に持ち帰る

印象に残った箇所を引用。

P5
世界のどこに住んでいようとも、基本的な価値や願いはみな同じ。家族を愛し、子供を愛し、できる限り良い人生を送りたいと願い、世界に貢献したいと思い、安心を求め、交友を楽しみたい……。
だがよく似た価値観を抱き、うり二つと言ってよい遺伝子を持っていながら、私たちはたいてい、たがいのちがいにばかり目を向けている。アラブ人とユダヤ人、プロテスタントとカソリック、イスラム教徒とキリスト教徒、リベラル派と保守派ーーそして肌の色のちがいーー肌が黒いか、茶色いか、赤いか、黄色いか、それとも白いか、などだ。


P14
ウブントゥ。この古代からアフリカに伝わる哲学は、「人類はみな家族」という事実に根ざしている。人はみな兄弟であり、ともに旅をしているのだ。もし誰かが植えていたら、みんなが栄養失調になる。誰かが虐げられていたら、みんなが痛みを感じる。ある子供が傷ついたら、その涙はすべての人のものだ。たがいの人間性を認め合うことで、人は固い絆を思い出す。それは、切っても切れない人間性への深い関わりだ。


P37
ウブントゥとは、誰もが当事者だということである。


P43
人にきちんと仕事を頼むことほど、強い力を引き出すものはない。


P48
ウブントゥとは、チームワークであり兄弟愛。人と人のあいだに絆を見つけ、そこに命を吹き込むことです


P51
こんな例を考えてください。
アメリカ人も、ほかの国の人たちと同じように、お気に入りのスポーツ・チームがあるでしょう?中には、一人か二人のスター選手でもっているチームもあります。でも優勝するチームは、そんなスター頼りではなく、ほんとうにチームがまとまっているところです。選手の中には特に才能に恵まれている人も、たくさん稼いでいる人もいるかもしれない。けれど、試合の場ではそんなことは二の次です。そして、そうであることが、チームのやる気を引き出すんです。そこでは誰もが尊重されているからです。一人ひとりが勝利のための重要な役割を担っているんです。


P56
ウブントゥとは、まずい仕事でも受け入れるということではない。
その仕事をやった人を尊重せよということである。


P66
人とのちがいばかり探していたら、いつまでたってもうまくいかない。
ウブントゥとは、人と自分の共通点を探し、最もうまく力を合わせる術を見いだすことだ。


P70
自分で心から信じられることから始めよう。その行動が本物であることが、その後の基礎になる。


P130
人を認める力の2つの段階
第一段階は、人をありのままに認めること。
これがウブントゥの根幹である。
第二段階は、人がやったことを認めること。
これが人を管理することである。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
To Be Freedom@読書三昧: Linuxコンプリートバイブル (100%ムックシリーズ)
To Be Freedom@読書三昧: 1週間でLPICの基礎が学べる本(中島 能和)
To Be Freedom@読書三昧: Ubuntu Magazine Japan 2013 Summer (アスキームック)
To Be Freedom@読書三昧: ホントに初めてのLinux (日経BPパソコンベストムック)
To Be Freedom@読書三昧: 「UbuntuではじめるLinuxパソコン」
To Be Freedom@読書三昧: 「それがぼくには楽しかったから」

posted by わけい at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438906660

この記事へのトラックバック