2016年06月12日

僕は明日もお客さまに会いに行く。(川田 修)

営業の本を読み漁る中で出会った川田修さん。
その経験とノウハウを詰め込んだ小説です。
具体的で、かつ感動できるお話でした。

僕は明日もお客さまに会いに行く。




目次
何で僕が選ばれるんだ…
一カ月間、精いっぱい頑張ります
やっぱ、営業は商談でしょ
ま、明日からでいいか
そんなつまらないこと頼めませんよ
伝説の営業マンってそんなもの?
僕に足りないもの…
もう逃げるのはやめよう
感謝の心は細部に表れる
まずはチューニングから〔ほか〕

印象に残った箇所を引用。

P244
「キミは自分の商品を売るためだけにヒアリングしているでしょ?」

……」
「つまりさ、聞くことを商品を売るための情報収集と勘違いしているんだと思うよ」


P249
「(前略)話すことはテクニックとして上達できるけど、聞くことは心がないとできないんだよ」
「心……」
「どれだけ相手に興味を持てるか。どれだけ相手の役に立とうと思って向き合うことができるか。どれだけ相手を応援したいと思えるか。つまり、どれだけ心で相手に接しているかによって、聞くことが上達していくんだよ」


P279
「俺たちは自分ひとりの人生しか生きられないでしょ?
でもね、いろいろな人の物語をライブで聞くことで、相手の気持ちになって人生を経験できるような感じかな」


P333
「人間の遺伝子の中には、一生懸命やることが楽しいっていう遺伝子が入っていると言った人がいてね」
(中略)
「それに比べて一生懸命やることは、それ自体が楽しい。だから、一生懸命やることから生まれる楽しさは、いつでもどこでも、自分で作り出せるんだよ」
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
To Be Freedom@読書三昧: かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルール(川田 修)
To Be Freedom@読書三昧: 知識ゼロからの営業入門(川田 修)
To Be Freedom@読書三昧: 「営業の仕事」についてきれいごと抜きでお話しします: 「売るテクニック」よりも大事なこと(川田修)

posted by わけい at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック