2017年09月12日

よくわかる 大人のアスペルガー症候群―自分勝手、わがまま……と思われがちな人たち もしかしたら、アスペルガー?(梅永 雄二 (監修))

アスペルガー症候群の勉強のために読みました。





印象に残った個所を引用

P52
最近は、犯罪を犯した人が発達障害かどうか調べて欲しい、発達障害について知りたい、と弁護士や裁判所からの相談も増えてきました。自閉症やアスペルガー症候群の人は、言い訳をしたり自分をよく見せようとすることが難しいので、弁護士といくら打ち合わせをしても、取調官の誘導尋問に対して簡単に認めてしまうこともあります。
一度犯罪を犯してしまうと、家族も含めて社会はなかなか受け入れてくれません。現在、大きな問題になっているのは発達障害と犯罪を犯してしまったという二重の問題を背負った人たちをどうやって救うか、ということです。たとえ発達障害であっても彼らが働ける仕事の場があれば、犯罪を犯してしまう確率は大きく減少します。 発達障害の人たちが働きながら人との関わり方が学べるような職場や施設が増えれば、社会にとっても有益なことなのです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by わけい at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: