2017年05月05日

スクラップ・アンド・ビルド(羽田 圭介)

又吉さんの「火花」と同時の芥川賞受賞作品。
祖父の介護を通しての色んなことを考える青春小説。





印象に残った個所を引用
給与に比して仕事のきつい介護業界では、大輔のように四年以上の職歴がある男性の人材は、貴重らしい。そういう人たちは総じて、共働きしてくれる甲斐性のある女と一緒に生活している場合が多く、つまりはモテる男にしか長く務まらない仕事なのだと大輔が以前冗談半分にもらしていた。


柔らかくて甘いおやつという目先の欲望に執着する人だからこそ、目先の苦痛から逃れるため死にたいと願うのだ。


「足も腕も痛くてからねえ」祖父がさする箇所の半分以上は、関節等ではなく筋肉の部分だ。健斗もここのところ、全身のあらゆるところに筋肉痛がある。現役世代の健斗にとって痛みとは炎症や危険を知らせる信号であり、筋肉の痛みに関していえば超回復をともなったさらなる成長の約束そのものである。つまり、後遺症や後々の不具合がないとわかれば苦なく我慢できる。しかし祖父にとっては違う。痛みを痛みとして、それ自体としてしかとらえることができない。不断に痛みの信号を受け続けてしまえば、人間的思考が欠如し、裏を読むこともできなくなるのか。だからこそ痛みを誤魔化すための薬を山のように飲み、薬という毒で本質的に身体を蝕むことも厭わない。心身の健康を保つために必要な運動も、疲労という表面的苦しさのみで忌避してしまう。


つまり健斗が今いくら、W急降下W鍛錬をしても、半世紀も生きれば祖父のような肉体ならびにそれに伴う堕落した精神になってしまう事実を見せつけられているようなのだ。見ているだけで未来の自分を馬鹿にされるようで、だから孫に威厳を示すためにも、祖父にせめて有終の美を飾ってほしいと健斗は思う。


<blog内関連記事>
To Be Freedom@読書三昧: 40代女性マンガ家が訪問介護ヘルパーになったら(吉田 美紀子) http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/449612290.html
To Be Freedom@読書三昧: 最後だとわかっていたなら (原題『Tomorrow Never Comes』) http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/277415818.html
To Be Freedom@読書三昧: 「介護入門」。 http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/131232144.html

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by わけい at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ことだま 野球魂を熱くする名言集(「野球太郎」編集部 (著), 石井 孝 (著))

高校野球に関わる方々の熱い言葉。
生きる力が沸き上がってきます!





目次
spring 瞬
summer 華
autumn 愁
witnter 討


<blog内関連記事>
To Be Freedom@読書三昧: 83歳の女子高生球児(上中別府 チエ) http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/398139831.html
To Be Freedom@読書三昧: 新庄くんは、アホじゃない!(中田 潤) http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/358387792.html
To Be Freedom@読書三昧: もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/144970933.html

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by わけい at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100の悩みに100のデザイン〜自分を変える「解決法」〜(南雲 治嘉)

「デザイン」と聞くと、「オシャレさ」とか、「奇抜さ」といった、「いかに人目を引くか」という見方になってしまいがちだけれど、デザインを活用すれば、生活上の様々な悩みを解決でき、快適さも得られるのだと学べました。





印象に残った個所を引用
P4
せっかくの決心が続かないのは、あなたの意志が弱いからではなく、あなたの人生にデザインがないからなのです。
デザインさえあれば、ズボラ人間からキッパリ人間に変身することができます。
(中略)
デザインの本質とはいったい何でしょうか?まわりくどい話が嫌いなので、ズバリ言いましょう。デザインの本質は、「問題を解決すること」です。


P6
その問題さえ解決できれば、どんなものでもデザインなのです。
逆に、問題が解決できなければ、どんなにビジュアル的に優れていても、それはデザインとは呼べません。


P111
「アイディアを生む力を」
イメージ力をアップさせるためのトレーニング

1.連想
1つの題を決め、それに関連する言葉を100書き留める。

2.想像
人から見えない部分(裏側とかバッグの中など)がどうなっているかを想像して絵で表現する。

3.改良
1つのものをテーマに、その欠点と長点をピックアップし、20 の改良点を見つける。

4.複合
2つの生物の特徴を新たな1つの生物に仕上げる(絵で表現する)。

5.共通
2つのものの共通点100を抽出する。この中には当然なことも含まれる。

6.用途
あるものの新たな用途を考える。100の用途を考える(まったく実用性のないものでもOK)

時間は3時間以内で行う。スピードをつけて考えることは柔軟性を育てるうえで重要である。ー見くだらないものでも、数を出すことがトレーニングとなる。(A4の用紙を使用)


P118
食生活を変えるには、食の基本に返ることです。食の基本とは、ズバリ楽しく食べることです。食に楽しさを見出すことと言ってもいいでしょう。食事は本来、楽しいものなのです。いろいろな栄養が必要という頭でっかちな考え方を持つのではなく、食事の楽しさこそが食生活に変化を生み出します。


P182
会話が続かないのは話題がないからではなく、イメージ力が貧困だからなのです。そのイメージカは訓練で習得できます。イメージを関連させ、発展させるデザイン戦略があれば解決するのです。


P243
デザインをひと言で表すと何ですか?」 プロのデザイナーー〇〇人にアンケートを取った結果があります。驚くのが、実に八〇%近くのデザイナーが、「思いやり」と答えていることです。
(中略)
思いやるのは、相手を幸せにしたいからでしょう。 デザイナーは日夜、消費者が幸せになることを願って仕事をしています。相手の喜び、そして笑顔を生み出すのがデザインの仕事なのです。

<blog内関連記事>
To Be Freedom@読書三昧: サグラダ・ファミリア: ガウディとの対話(外尾 悦郎 (著), 宮崎 真紀 (翻訳)) http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/435475280.html
To Be Freedom@読書三昧: 観点変更〜なぜ、アトリエインカーブは生まれたか〜 http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/153425332.html

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by わけい at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする