2017年05月05日

魔女の子供はやってこない

う〜ん。。わけのわからないことと、わかることの、非常にギリギリのラインを責める小説。
そのチャレンジとテクニックは素晴らしいし凄いんだけれど、それで面白いかと言えば、疑問。。

「かゆい話」とか、ホントにギリッギリですよ。
これが小説として成立しているのが、本当に凄い文章力だとは思います。






人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by わけい at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち(黒川 祥子)

虐待を経験した子ども達のその後。
重いですが、真剣に考えなければならない問題でもあり、また、虐待された子が親になってまた虐待してしまっているという個所からは、虐待する親の支援の在り方や寄り添い方をより一層考えさせられました。





目次
第1章 美由―壁になっていた女の子
第2章 雅人―カーテンのお部屋
第3章 拓海―「大人になるって、つらいことだろう」
第4章 明日香―「奴隷でもいいから、帰りたい」
第5章 沙織―「無条件に愛せますか」

印象に残った個所を引用

P14
なぜ、母親が自分の子どもにこのようなことができるのですか? なぜですか?.」
なぜ、なぜ、なぜ……。口をついて出るのはそれしかない。お粗末な取材者に医師は唸る。
「マスコミは、すぐに因果律で考えるからなー」
そして、きっぱりとこう言った。
「こういう親が、現にいるわけです。説明できないマイナスの部分にわれわれは直面していくしかない。言葉で説明できないけれども、こういう親がいる。そこからスタートしないと。虐待は何よりも、子どもの側から見るべきものです。子どもを含めた虐待全体の中で考えていかないといけない」

P15
加害者の奇怪さばかりにこだわることは、虐待の全体像から遠ざかるのではないか。


P19
「虐待を受けた子どもは、とにかく問題行動をひっきりなしに起こす。そして自身の弱さが外に出てイライラが募ると暴れてしまう。つまり、虐待的な対人関係を繰り返すのです。でも子ども同士がお互いに脅威を与えるようでは、安心がもたらされない。安心がないところでは治療ができない。この病棟は、そうした不安定な子どもたちを安心な構造全体で抱っこするというイメージなのです子どもを閉じ込めることが目的なのではなく、守るためのものなんです」


P22
「子ども虐待の対応が後手に回ってうまくいっていないのは、子ども虐待がもたらす後遺症の見立てが甘いところに原因があります。複雑性トラウマというのですが、これは脳に器質的な変化をもたらします。画像などではっきりわかります。非常に重い後遺症が出ているわけだから、薬物療法と生活療法、それと心理療法を組み合わせて治療していくしかないんです」


P23
私を含めてメディアは、これまで虐待の何を見てきたのだろう。報道するのは、虐待を受けた子どもが死亡した悲惨な事件がほとんどだったのではないか。虐待した親を責め、関係機関を叩き、「なぜ、救えなかったのか」と嘆いてきた。「(子ども虐待は)全体の中で考えていかないと」という臨床現場の思いと、大きくかけ離れていたのではないだろうか。


P24
「殺されずにすんで」児童相談所によって保護された子どもたちは、それで一件落着なのか。そうではなかった。


P31
事業としては、決して儲からない。私自身の収入のことだけを考えるならば、外に働きに出た方が収入は上。でもファミリーホームになって、子どもたちもにお金をかけてあげられるようになったから、それはよかったって思っているの。旅行にも行けるし、幼児や小学生の頃から塾や習い事にも行かせてあげられるし


P39
里親たちが、これほど傷つき苦しんでいるとは思いもしないことだった。里親たちを苦しめるもの−−それこそが「虐待の後遺症」なのだ。


P102
なぜ、被虐待児に発達障害の子が多いのか。それは養育者が、発達障害を持つ子どもに対して育てにくさや非社会的な特徴を感じ、それを「しつけ」によって正そうとした時に、あっといいう間に虐待へと横すべりしてしまうという傾向があるからだ。


P109
守られている体験、我慢したら褒められる体験があれば、自分で自分をなだめることができる。そうやって人は苦しいことがあった時に「よしよし、しょうがないよ」と自分を慰め、乗り越える。親に「よしよし」とされてきたことがない場合、苦しいこと、耐え難いことはバーンと外に出してしまうほかない。


P123
「施設にいる間は、三食とも給食でしょう。学校はもちろん給食だし、施設の食事は右から左に、配膳されたものをただ食べるだけ。『あれが食べたい』という自分の気持ちは、何も反映されない彼らは自分の意思を伝えて、それがかなったという経験がないの。だって、わが家に来たことだって、彼らの意思じゃないんだもの」


P124
このたちが将未のビジョンも持てず、学習意欲も持てないのは当たり前だって思ったんです。自己決定の喜びも、自己決定による責任も知らないため、逆にうまくいかないと、よそに責任転嫁をし てしまい、怒りを向けてしまう」
彼らに自分の人生を自分で決める喜びを知ってほしい。朋子さんが彼らを引き取って以来、心から願うことだった。
だから、朝食をセレクト制にした。昼食はそれぞれが幼椎園や学校での給食となる。栄養面を考えると難しい、でも朝食ならなんとかなる。
「施設で育った子に、自分で選ぶこと、選ぶ喜びを知ってほしい。そして選んだ以上、自分の責任だから残さず食べようねっていう、声かけなんです」


P213
お腹を痛めて自分を産んでくれた唯一無二の母親という存在から見捨てられる、切り離されるということは、自分自身の存在の否定につながるほど切実なことだった。明日香ちゃんも唯真ちゃんも自分をなげうってまで、母親と細い糸一本でつながろうとした。つながるために、母をどんどん理想化して現実から目をそらす。そうでなければ、なぜ自分がこの世に生まれ落ちたのか、その理由が消えてしまうとばかりに。確かに、自分の恨っこがないという感覚で生きていくのは、誰しも難しい。
一般に「親の、子への愛は無償だ」と言われるが、虐待を見ていく限り、それは逆だとしか思えない。子の、親への愛こそが無償なのだ。


P222
「喪失」の問題を埋めていくためには、親を恨みっぱなしで切ってしまうのでも、明日香ちゃんのように現実から目を逸らして理想化するのでもなく、現実を現実として受け止めていくことが大切なのだという。


P231
「上の子は女の子だからなのか、育児のたびに否が応でも自分とかぶるんです。育児をするうえで、フラッシュバックを体験するというか……。『あの子歩いたな、よかったな。うれしい』って思った瞬間、『誰が私が歩いたのを喜んだ?誰が私が歩いたのを見ただろう」って、だんだん上の子に当たっていくんです。こういうのを成長の節目、節目に思うんです。クリスマスも誕生日も私にはなかった。なのに、娘がプレゼントに文句言ったりするのが、とにかく許せない。娘は広汎性発達障害で、三歳まで夜中でも一時間ごとに起きていました」 クリスマスも誕生日もなかった子ども時代。沙織さんの年代の子どもにとって、それは「普通」の育ち方ではない。両親の愛惰に包まれて育ったのではないと、その事実が語っていた。


P232
「してもらえなかった自分」の悔しさや悲しみが子どもの成長の節目ごとに湧きあがってくるのが、被虐待児にとっての子育てなのか。だとすれば、それは何と困難なことだろう。


P235
ネグレクトを「発見」するために、歯科医の協力を得る自治体が多いのも、養育放棄が虫歯に端的に表れるからだ。


P254
あいち小児では親の側にもカルテを作り、「親子並行治療」に取り組んでいるが、診察室にやってくる被虐待児の親の多くが、「未治療の被虐待の既往」を持っており、とりわけ深刻なのが性的虐待による後遺症なのだという。


P262
カウンセラーから言われた「子どもを自ら児相に預けたことは、あなたが子どもを守った、立派な行動だった」という言葉も、自信につながった。


P274
「研ぎ澄ましていないと、思いやりの行いができない。"ありのままでよい"ということが、難しい。わからない」 ありのまま、確かにそれは私でも難しい。でも沙織さんの場合は、拠って立つ足元の土台を探すという作業から始めなけれはならないのだ。


P278
「そういう時のために私たち里親がいるんだわ。ゆめちゃんを里親に託してはしい。彼女はよくがんばったと思う。育てにくい子どもを、よくそこまで育てたよ。養育里親なら実親さんとの関係を大事にしていくから、安心して預けて、今は子どもさんと離れて休んでほしい。私たちは親御さんにもラクになって、子どもといい関係を作ってほしいと思っているから」
友紀さんの言葉に、涙がこぼれた。その通りだ。沙織さんと夢ちゃん母子のような親子のために、こういう人たちがいてくれる。

<blog内関連記事>
To Be Freedom@読書三昧: 育つ力と育てる力 私と三人息子は発達障害です。何か?(笹森 理絵) http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/449611887.html
To Be Freedom@読書三昧: 神様からの贈り物 里親土井ホームの子どもたち―希望と回復の物語 http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/408566059.html
To Be Freedom@読書三昧: 英国の挑戦-いかにして子どもを虐待から守るのか- ヴィクトリア・クリンビー調査報告と児童保護共同首席監察官報告に対する政府の応答(柏野 健三) http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/367266707.html
To Be Freedom@読書三昧: 【完ぺきな親なんていない】子どもの感情・親の感情――子どもの気持ちにどうこたえてあげたらいいの? http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/206679674.html
To Be Freedom@読書三昧: 自閉症だったわたしへ http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/156922548.html
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by わけい at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。(カレン・フェラン (著), 神崎 朗子 (翻訳))

コンサルタントの経験、失敗談から、正しいコンサルタントの使い方を教えてくれる本。
そこには、人生で大切なことも、たくさん詰まっているように思いました。





目次

はじめに:御社をつぶしたのは私です

■Introduction 大手ファームは無意味なことばかりさせている
コンサルは「芝居」で商売している
ビジネスは「数字」では管理できない
数人の「コンサル」が歪んだ流れをつくった
「確実に間違っている」理論の数々

■第1章 「戦略計画」は何の役にも立たない : 「画期的な戦略」でガタガタになる
マイケル・ポーターが「武器」を生んだ
ジャック・ウェルチの怒涛の人員整理
分析を「グラフ」にするだけで感心される
「分析」に従わなかったから成功した
ポーターと「真逆」の理論
お得意の「人員削減」を自社で行うはめになる
大企業が「正しい経営」のせいで消える
ダメな戦略を生む「5つのステップ」
コンサルが去ったあとに残るのは「大量の資料」だけ

■第2章 「最適化プロセス」は机上の空論 : データより「ふせん」のほうが役に立つ
謎の「保進係」の仕事
流行のメソッドを次々と使う
「ブラウンペーパー」というアナログな方法
単純な「話し合い」が効果を発揮する
ビジネスモデル自体に「問題」があったら?
頑迷なコンサルの「ツール」信仰
「ツール」が機能しない決定的な理由
「バカだと思われたくない」という問題

■第3章 「数値目標」が組織を振り回す : コストも売上もただの「数え方」の問題
「実行」するのはコンサルではない
人事評価も「ダッシュボード」で簡単に処理
なぜ目標を達成して「赤字」になるのか?
達成のために「評価基準」を変えてしまう
「会計」や「財務報告」は細工しほうだい
評価項目が無限に増えていく
問題は「最適化」ではなかった
組織が機能しない本当の理由
正しく動くと評価されない
指標の導入で「無意味な仕事」が増える
「革新的な製品」が生まれない仕組み

■第4章 「業績管理システム」で士気はガタ落ち : 終わりのない書類作成は何のため?
マッキンゼーコンサルタントの(大外れの)予言
育児雑誌のように恐怖をあおる
自らつくった「業績管理システム」で大混乱
あけてくれても「書類」をつくる
面倒なうえ「能率」も落ちていくばかり
公正に見える「不公正」なシステム
98%の社員が「自分は真ん中より上」と思っている
なぜ「考課」で業績が落ちるのか?
「インセンティブ報酬」は逆効果を生む
BSCで報酬を出した企業の業績は平均以下だった

■第5章 「マネジメントモデル」なんていらない : マニュアルを捨てればマネージャーになれる
609ページ、433の項目を使いこなせ
グーグルが導き出した画期的な「8つの習慣」
データ主義のプレゼンテーションの結果
「コーチング」と「フィードバック」だけでは育たたない
「データマイニング」なしでもわかる4つの原理
グーグルVSスティーブン・コヴィー
要は「何」を言っているのか?
「マネジメント本」はまじめに読むとばかばかしい

■第6章 「人材開発プログラム」には絶対に参加するな : こうして会社はコンサルにつぶされる
コンサルタントがエンロンをつぶした
社員は「ランク付け」できるのか?
一度の失敗が「致命的」になるシステム
スターはダメな部分も「魅力」に見えてしまう
研修を受けると「出世コース」から外れる
Aクラスの社員を「開発」しようとして失っている
「ピーターの法則」はジョークではない
昇進すればクビになる
業績が悪い理由は「能力」より「環境」が大きい
直接聞けばいいことを「スコア」で判断する
人事のあらゆる問題を解決する方法

■第7章 「リーダーシップ開発」で食べている人たち : リーダーシップを持てる「チェックリスト」なんてない
「リーダーシッププログラム」はどれが正しい?
カリスマはなくても「優れたリーダー」になれる
ベニスとガードナーのあげるバラバラの「条件」
リーダーシップの「本質」がさっぱりわからない
アセスメントで出た私の「長所」と「短所」とは?
こんなにマスターできる人間はいるのか?
なぜ「精神病質者」は偉大なCEOになれるのか?
人格者は成功しないのか?
謝罪したい「スキル開発」研修の実態
何でも得意になろうとして「凡庸」になる

■第8章 「ベストプラクティス」は“奇跡"のダイエット食品 : 「コンサル頼み」から抜け出す方法
「科学的管理法の父」のまちがい
「お手軽なステップ」をいつまでも繰り返す
頭を使いたくないからコンサルに決めさせる
「まやかしの専門用語」をやめる
コンサルタントの「使い方」


印象に残った個所を引用
P2
この30年、多くの企業に入り込み、「目標による管理」だの「競争戦略」だのとお題目を唱えて回ったすべての経営コンサルタントを代表してお詫びします。御社を潰したのは私です。


P23
私が本書によって訴えたいのは、これ以上、職場から人間性を奪うのはやめるべきだということ。そして人材のマネジメントさえできれば、あとはすべてうまくいったも同然ということだ。



P28
さて、ここで目的をはっきりさせておきたい。本書の要点は従来のビジネスの常識の誤りを暴くことであり、まちがっても与するものではない。私の提案は、役に立たない経営理論に頼るのはもうやめて、代わりにどうするかということだ。ともかく大事なのは、モデルや理論などは捨て置いて、みんなで腹を割って話し合うことに尽きる。対話や人間関係の改善がビジネスに利益をもたらすことを研究によって証明したわけではないが、真偽の判断は読者に委ねよう。


P284
人間は互いに人生を生きるに値するものにする義務がある。文明の進歩に従って、大量虐殺や奴隷制度はほとんど見られなくなっている。月給取りだからといって、会社で奴隷のように扱われるのを我慢すべき理由などありはしない。


P285
コスト削減を口実に、従業員を奴隷のように扱うことがあってはならない。ただでさえ職場はストレスにあふれ、まともな休暇も取れないのに、長時間労働を強いられ、昼食をとりながらの仕事も当たり前のようになっているのだ。効率の面から考えても、ふざけた話である。社員が思考能力を働かせ、生産的であるためには、休息や運動が必要であり、定期的な休憩も欠かせない。ところがコスト削減の取り組みでたいていまっさきに削られてしまうのは、無料のコーヒーや、社員食堂の安いランチやジムの会員費の割引など、社員の福利厚生サービスなのだ。 そうやってコストを削減したものの、そういうサービスこそが生産性の向上に役立っていたことに気づいても、あとの祭りである。社員への投資が、収益や利益の増加など会社の業績向上につながることを示すデータはいくらでもある。


P299
クライアントが最もやってはいけないことは、コンサルタントを雇って、自分たちの代わりに考えさせることだ。コンサルタントは分析や提言を行い、様々な分野の知識を提供し、状況に対する新しい見方を示すことはできるが、企業の成功や失敗のカギを握るのは経営陣であるべきで、外部のアドバイザーに任せるべきではない。


P309
「どうやって」解決するかを考えるまえに、少しでも時間を取って「なぜ」問題が起こったのかを考えるほうが、結局は時間の節約になる。


<blog内関連記事>
To Be Freedom@読書三昧: マネジメント[エッセンシャル版](ピーター・F・ドラッカー) http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/444204377.html
To Be Freedom@読書三昧: 仕事は99%気配り(川田 修) http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/438906524.html
To Be Freedom@読書三昧: 絶対に会社を潰さない 社長の営業(小山 昇) http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/417098281.html
To Be Freedom@読書三昧: 繁盛店の「ほめる」仕組み(西村貴好) http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/373931049.html
To Be Freedom@読書三昧: 成長創出革命―利益を産み出すメカニズムを変える(横山 禎徳) http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/373839706.html
To Be Freedom@読書三昧: 「週4時間」だけ働く。 (ティモシー・フェリス (著), 田中じゅん (翻訳) ) http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/316204262.html
To Be Freedom@読書三昧: イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/255809747.html
To Be Freedom@読書三昧: 後継社長という人生―企業存続8つの壁を乗り越える http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/228705422.html
To Be Freedom@読書三昧: イノベーションと企業家精神。 http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/179795523.html
To Be Freedom@読書三昧: NPOの実践経営学。 http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/160939804.html
To Be Freedom@読書三昧: ゼミナール 経営学入門 http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/159390032.html
To Be Freedom@読書三昧: もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法 http://dokusho-kiroku.seesaa.net/article/150467809.html

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by わけい at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする